カテゴリ: ライフスタイル

この長い人生、苦労や悲しみはまだまだ続いていくと思うけど 乗り越えた先にある幸せを夢見て。

新しい一歩を踏み出すのは、大人になるほど勇気が必要。でも、失敗を恐れて何もしない人は結局何も成し得ない。
やりたいことが見つかっている人もそうでない人も、これからの人生を歩んでいくための励みになれば嬉しいです♥

杉山佳那恵

杉山佳那恵|「夢の通過点《杉山佳那恵》」の1枚目の画像

姉ageha専属モデル(31歳/東京都)独身・子供なし

近頃の目標は”現状維持“。20代の頃に立てた目標はクリア してきたから今あるものを失くさないようにしたい。

個人のお仕事には 満足してる節がある。 今は保育園を いろんな都市に 広げていきたい。

20代の頃はモデルになりたい、自分の夢を仕事にしたいと思った。
雑誌にちょこっと載れて嬉しくて、次は1P載れるようになりたい。専属になりたい。
あの頃立てた目標、気がつけば全部クリアしてて、ありがたいことに今は好きな人たちとだけお仕事できてる♥
まだ全然なんだろうけど、どこかで安心してるんだろうな。
だから最近のテーマは「現状維持」。
今のお仕事を続けられて、生活水準も今より落ちなかったらそれがいい。
もちろんお仕事が増える分には嬉しいけど、今は「もっとこうなりたい!」っていう欲よりも、「今あるお仕事を頑張る」ほうが大事かもしれない。

今頑張らなきゃいけないことのひとつが、大阪で経営している保育園。
今後は大阪、沖縄、福岡、札幌、東京と展開して行く予定。
待機児童を減らしたい一心で始めた保育園だから、園の数を増やさないと間に合わない!
待機児童の人数は東京と沖縄が多いって聞いたから早く出したいんだけどなかなか思うようには進まないのが現状…。
いろんな都市に進出したいのと同時に、認可を取りたい気持ちもある。でも認可を取るのって条件が厳しくてスムーズにいかなくてムズムズする。

そもそも子供のいない私がなんで保育園を始めたかっていうと、シングルマザーの友達が子供を預ける場所がなくて悩んでいたから。
働かなくちゃ食べていけないのに、預けられる保育園がなくて。
高いところに預けると出費がかさむから働いても生活は苦しいまま。
もう生きていくこと自体がキツくて、「この子と一緒に死のう」って思ったって聞いて衝撃的で…。
きっと同じような思いをしてる人は日本中にいるんだろうなって思ったのがすべてのきっかけ。

保育園で過ごすうちに子供のことがさらに好きになった♥
子供って素直だから、例えば素直に謝ってる姿を見ると「私も素直になろう」って思えるし、子供にハッとさせられることが結構ある。
今後の希望としては…私も一生モデルができるかはわからないから、いつか自分のアパレルブランドを作りたい。
大人用だけじゃなく、子供服も展開することで保育園や子供を絡めて、みんなが幸せになれるようなお仕事ができたらいいな♥

・《加賀美早紀》編
・《小原優花》編

関連トピック

トピックから記事を探す

スタッフ一覧

この記事に関わったメンバー

モデル
杉山佳那恵
編集・ライター
小泉麻理香
カメラマン
佐藤裕之
ヘアメイク
小屋千春

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

新着記事

最新の記事一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP