カテゴリ: エンタメ

満足度は100点です!(山下)

冷たい土の中で夜を待つゾンビはおろか、人間でさえ音をあげたくなる灼熱の真夏日。
アスファルトジャングル・赤坂もとい八王子で、どこよりも胸が熱くなるちょっと変わった青春劇の幕が開けた…!
三代目J Soul Brothersでパフォーマーとして活躍する山下健二郎。
演技の世界にも進出し頭角を現してきている彼の、舞台初主演作『八王子ゾンビーズ』である。
本舞台は、八王子の山奥にある「希望寺」を舞台に自分探しをするために寺を訪れた羽吹隆と孔明住職、墓地の地下に眠るゾンビたちのひと夏を描いている。
8月5日に行われた初日会見とゲネプロの様子をお届けします♪

©舞台「八王子ゾンビーズ」製作委員会

(左から) 脚本・演出 鈴木おさむ、孔明役 駿河太郎、羽吹隆役 山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、仁役 久保田悠来、琉斗役 藤田玲

会見に登壇したのは、座長である山下健二郎、脚本・演出を務めた鈴木おさむ、希望寺の住職・孔明を演じた駿河太郎と、ゾンビーズから久保田悠来、藤田玲の5名。
初日を迎えた心境を聞かれた山下は「みんな稽古を頑張ってきたので、早くステージに立ってみなさんに見てもらいたいです。(山下)」と語り、鈴木おさむとのタッグについても「脚本もオリジナルで書いていただいて、演出してもらいながらやってきて毎回楽しかったですし、みんなで作り上げたって感じがあります。通し稽古を何度もやって、その中で生まれた笑いや動きも取り入れて。歌や踊りだけじゃなく感動する部分もあるので、年齢関係なく楽しんでもらえる内容になったと思う。(山下)」と、この座組みならではの魅力を語った。

さらに、1カ月ほどだったという稽古中の印象的なエピソードを聞かれると「隅田川の花火大会があって。稽古場から花火が見えたので、稽古が終わってからみんなで見たのがいい思い出です。あとは、何回か集まって近くの中華屋に行きましたね。(山下)」と話し、お気に入りメニューを聞かれ「麻婆豆腐と焼き餃子が美味しかったです。(山下)」と答えつつも、「この情報いる!? 記事になるの!?(笑)(山下)」と場の空気を和ませていた。

鈴木から名前が挙がったのはキーパーソンの一人である大池を演じたRIKACO。「正直みんな、最初はちょっとめんどくさい人かもしれないと思ってた(笑)。だけどすごく姉御肌な人で、毎日ミキサーでフルーツジュースを作ってくれたり、マッサージをしてくれたり、時には緊張感を与えてくれて、RIKACOさんのおかげでチームが一つになった感じがしましたね。(鈴木)」と稽古を振り返った。

山下の初座長っぷりについては「分け隔てなくみんなと同じ目線で接してくれるのがとてもありがたかった。特にゾンビは絡みが多いので、一緒になって舞台を作っていく空気にしてくれたのは“座長”らしかったです。(藤田)」、「振り付けの方がつけてくれたダンスに山下さんがオリジナルでアレンジを加えてくれて、みんなに丁寧に教えてくれたこと、あとは中華をおごってくれたこと(笑)。(久保田)」と接点の多いゾンビーズからユーモアあふれるコメントが飛び出し、「朝の顔もやっていて、みんな知ってる。でも実際はどんな人なんだろう?と思っていたら、本当にそのまま。彼自身もここに来るまでいろんな経験をしているので、人の痛みがわかる座長はすごい。(駿河)」と山下の人柄がうかがえた。
鈴木からは「売れてる人の共通点として僕が思っているのは、根性があるということ。自分がわからないところに入るのは普通怖いはずなんですけど、そこに対して突っ込んでくる勇気と根性。そして本人の口から聞いたことはないけど三代目の看板を背負って戦っている感が半端ない。ゾンビたちや他の役者と戦いながら座長でいる感じが、すごいかっこいいなと思いました(鈴木)」と演出として他の3人とは違う立場で関わったからこその印象が語られ、4人から挙がるベタ褒めコメントは山下を照れさせた。

本作の見どころの一つでもあるダンス演出について聞かれた山下は「最初につけていただいた振りをベースに、振り付けの方と2時間くらい話し合って、みんなに落とし込んだ形です。ゾンビーズたちのダンスの経験差もあるので、そこを埋めるようにクオリティを上げて。やっぱりパフォーマーなので誰でも踊れるダンスだなってなめられたくなくて、このひと夏でできるギリギリまで攻めてます。満足度は100点!(山下)」と自信をのぞかせるものの、「殺陣があるんですけど、その時はしんどそうにしてたのにね(笑)。ダンスだとイキイキしてる。(鈴木)」とバラされては「殺陣は難しいんですよ。でも(早乙女)友貴にしごかれながら頑張ってきたので、今はカンペキです!(山下)」と笑顔を浮かべていた。
「今回のダンスはただのダンスではなく、物語の重要な一部になっていて。それを踏まえたうえでダンスをアレンジしてくれたから、それでグッと面白くなった。(鈴木)」とダンスシーンはお墨付きな様子。

見どころについては「完全オリジナルなので、それを全部観てほしい。新しい試みとして応援上演を取り入れていて、舞台って神聖な場所で静かにしないといけないと思っちゃうと思うんですが、そのシーンだけは声を出して声援を送って、グッズのタンバリンやクラップで盛り上げてくれたら嬉しいです。(山下)」、「コミカルな見どころとしては、やっぱり羽吹がゾンビたちにダンスを教えているシーン。お客さんからしたらまるで山下くんからダンスを教わっているような気持ちにもなるし、そこでのゾンビーズの悪ふざけも楽しいと思いますよ。(駿河)」、「巷ではゾンビものがすごく流行っているけど、うちのゾンビたちはゾンビになった理由が日本的でちょっと違う。ただのゾンビじゃないのでそこを楽しんでほしい。(鈴木)」と各々が語る。

終始笑いの絶えない“コミカル”な初日会見は「いよいよ今日から始まりますけども、みんなで青春を感じて夏を楽しんで最後まで誰一人欠けることなく最高の舞台にできるよう頑張ります!(山下)」という意気込みで締めくくられた。

諦めた夢で、誰かの夢を叶える

物語は現代の日本。
山下健二郎演じるダンサー志望・羽吹隆の独白から始まる。
ダンサーを目指して12年。
がむしゃらに頑張ってきたけど、芽が出ないまま気づけば30歳を迎え、彼女には振られ、自分には何も残っていない。
夢を諦めたら終わりだとわかっていても襲ってくる虚無感を抱え、ダンスをやめる言い訳をしながら新しい自分を求めて羽吹がたどり着いたのは、八王子の山奥に佇む「希望寺」だった。

“優しい”住職・孔明(駿河太郎)と、仲間に迎え入れてもらい、希望に胸を膨らませて新しい生活をスタートした羽吹。
しかし、どうしてもダンスへの憧れが捨てきれない彼は、光り輝くスポットライトのような満月に誘われて、先輩僧侶の下田(加藤啓)から言い渡された「夜9時以降に外を出歩いてはいけない」というルールを破ってしまう。
境内で軽快なステップを踏む羽吹の前に現れたのは、成仏できずさまよい続けている8人のゾンビたち…。
「希望寺」は夜な夜なゾンビたちが徘徊する不気味な寺だった!

“優しい”住職・孔明(駿河太郎)と、仲間に迎え入れてもらい、希望に胸を膨らませて新しい生活をスタートした羽吹。
しかし、どうしてもダンスへの憧れが捨てきれない彼は、光り輝くスポットライトのような満月に誘われて、先輩僧侶の下田(加藤啓)から言い渡された「夜9時以降に外を出歩いてはいけない」というルールを破ってしまう。
境内で軽快なステップを踏む羽吹の前に現れたのは、成仏できずさまよい続けている8人のゾンビたち…。
「希望寺」は夜な夜なゾンビたちが徘徊する不気味な寺だった!

孔明とゾンビたちの間に確執があることを知った羽吹は、禁止されているにも関わらず再び墓地を訪れる。
そこで再会したゾンビたちは、自らを「八王子ゾンビーズ」と名乗り、およそ命を失っているとは思えないほど陽気で個性豊かなイケメン集団だった。

一見ゾンビであることすら楽しんでいるように見える彼らにも悩みがある。
それはとある理由により“成仏”できないということ。
そして、成仏するためには、ある条件を満たした上で“ダンス”を躍らなければならないという。
ダンスの経験もなければ、孔明の妨害にも遭って思うようにいかないゾンビーズ。
夜の墓地でダンスを踊っていたことを知っている彼らに、自分たちの夢を叶えるために協力してほしいと頼まれ、羽吹は一度捨てたダンスで彼らに協力することを決意する。
夜毎行われる奇妙なダンスレッスンはこうしてスタートした。

墓地を訪れてはダンスの基本から教えていく羽吹だが、お調子者な彼らとのレッスンは一筋縄ではいかない。
時には喧嘩をしながらも絆を深めていく中でわかってくる彼らの死の“真相”とは?
なぜ人当たりの良い孔明住職とゾンビーズには確執が生まれてしまったのか。
互いの言い分を耳にした羽吹の考えは?

少しずつ紐解かれていく物語の行く末には、想像もしなかった感動が待っている。
夢、希望、正義、友情、愛…。
大人が少しずつ忘れておろそかにしてしまったものがたくさん詰まっていながらも、コミカルな演出と演技で重苦しさは一切感じさせない青春ストーリー。
また、今年話題になったフレーズが随所に散りばめられている遊び心はオリジナル脚本ならでは。
お盆にぴったりのゾンビストーリーを劇場でご堪能あれ。

また、『八王子ゾンビーズ』では応援上映ならぬ応援上演が実施されている。
舞台上にわかりやすく「応援OK」の看板が現れるので、看板が出ている間は物販グッズにあるタンバリンほか、手拍子や声援もOK!
(ただし役者名での声援はNG。役名に限る。)
観客も舞台の一部になれる、一体感を感じることができるので、ぜひ全力で楽しんでほしい。

各回、当日券(数量限定)が用意されているほか、2018年8月19日17時開演の千秋楽は、全国の映画館にてライブ・ビューイングが決定!
詳細は公式HPをチェック★
http://www.hachioji-zombies.com

諦めた夢で、誰かの夢を叶える|「『八王子ゾンビーズ』 寺でゾンビと過ごすひと夏の青春。」の14枚目の画像

『八王子ゾンビーズ』
【公演期間】〜8月19日(日)
【劇場】TBS赤坂シアター

【脚本・演出】鈴木おさむ
【主題歌】m-flo(rhythm zone / LDH MUSIC)
【劇中曲】☆ Taku Takahashi(m-flo, block.fm)

【出演】
山下健二郎(三代目J Soul Brothers)

久保田悠来
小澤雄太(劇団EXILE)
藤田 玲
丘山晴己
高野 洸
牧島 輝
井澤巧麻
前田隆太朗

加藤 啓
早乙女友貴
隅田美保(アジアン)

酒井敏也

RIKACO

駿河太郎

下尾浩章
工藤翔馬
高橋 玲
遠藤 誠
前川孟論

【主催】LDH/ネルケプランニング
【チケット】9,800円(前売・当日ともに/全席指定/税込)
【公演に関する問い合わせ先】
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10〜18時)



取材・文/栗山アンナ

関連トピック

トピックから記事を探す

TOP