カテゴリ: ヘアスタイル

結局リアルにできるのはカンタンなアレンジだけだから、3プロセスで完成するヘアだけ集めました♥

手の込んだアレンジより、手ぐしでつくったようなラフなヘアが最近のトレンド。必要なのは抜け感を出すコツだから、難しいテクは不要! そんなデイリーアレンジを、不器用さんも忙しいママもトライできるよう3プロセスでレクチャーします♥


仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック

ポニー&ハーフアップのベースの巻き方

1.表面の毛束を根元から内巻きにしていく
アップヘアにしたとき、表面に動きがあるとこなれ感がアップ。トップの表面を、なるべく根元から内巻きにするよ♥

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の4枚目の画像

2.見える部分が巻けていればOK!
全部を巻くのは面倒だから、表面の数束を巻けば大丈夫。毛先はあとから巻くから、ここでは根元から中間までを巻く。

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の6枚目の画像

3.毛先はアレンジが終わってから一気に巻く★
ポニーやハーフアップをつくったら、毛先をざっくり巻く。見える部分に動きがついていれば、おしゃれに見えるよ♪

毛束のねじり方

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の9枚目の画像

1.ねじり始める部分から毛束を2本取り分ける
分け目から1本目の毛束を取ったら、その下側から2本目の毛束を取る。上下に取ることでねじり始めがもたつかない!

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の11枚目の画像

2.2本の毛束を軽くねじりながら交差させる
そのまま交差させるとゆるみやすいので、かるくねじりながらやると◎。好みの位置までねじってピンで固定してね♪

編み込み風にねじる場合

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の14枚目の画像

1.交差させるときに土台の毛束をつけ足す
上記の毛束のねじり方で最初の1回をねじる。2回目をねじるときに、交差させる毛束に土台の毛束を1束ドッキング。

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の16枚目の画像

2.毛束をつけ足す→交差をくり返す
土台の毛束をつけ足した状態で1回交差させる。次にねじるときも、土台の毛束を1束ドッキングさせて交差させる。

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の18枚目の画像

3.編み込み風のねじれ目が完成!
1と2をくり返していくと、このように編み込み風のねじれ目ができる。好みの位置までねじったらピンで固定する☆

ねじった毛束のとめ方

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の21枚目の画像

1.ピンと毛束が90度になるように差し込む
まず、固定したい毛束に対して90度になるようにピンを差し込むよ☆ ピンの方向は上から下に!

仕上がりに差がつく! アレンジの基本テクニック|「時短&カンタン♥3stepアレンジ⑤《基本テクニック編》」の23枚目の画像

2.毛束を挟んだらピンを横向きにして入れ込む
ピンの先端が毛束を挟んだら、そのままピンが毛束と並行になるように向きを変えて奥までグッと差し込む。

時短&カンタン♥3stepアレンジ①《定番アレンジあか抜け編①》
時短&カンタン♥3stepアレンジ③《小顔アレンジ編①》
時短&カンタン♥3stepアレンジ⑥《ストレートベースアレンジ編》
時短&カンタン♥3stepアレンジ⑦《前髪アレンジ編》

関連トピック

トピックから記事を探す

スタッフ一覧

この記事に関わったメンバー

モデル
荒木さやか
編集・ライター
西野暁代
カメラマン
佐藤裕之
ヘアメイク
野崎裕子

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

新着記事

最新の記事一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP