カテゴリ: ライフスタイル

人生に迷ったとき、味方が欲しいときの手助けになれば嬉しいです。

20代後半から30代は、目まぐるしく変化する環境や立場に翻弄されるだけでなく、自身の“衰え”を意識しだす年齢でもあります。
そんな心身ともに激動の時期をうまく渡っていくための知恵と工夫を。
自分に正直に行きていくための心の持ちようを。
これからご紹介する12人の生き方がヒントになりますように。


夜を上がってからの生き方

最近何考えてるかって言うと、子供のことしか考えてないかも。
子供を産む前は自分のことで精一杯だったのが、全部子供中心の生活になる。
東京で仕事して、福岡で子育てしてる感じ。
今はお仕事的にはネイルサロンとか美容院はそのままで、コンサル系の仕事もしてるよ。常に何かしら動いてる感じ。

出産前と比べて、仕事に関してあんまり冒険できなくなったかな。
前は店舗増やしたりできてたけど、今は前ほどはできない。
子供がいるし、失敗してる場合じゃないから(笑)。
現実的に生きようって思うようになった。物欲も前よりなくなったよ。
衝動買いするより子供のために使おうとか、貯金しようって考えるようになった。
貯金があると安心に変わるから。ないとすごく焦るし。
シングルで産んでるからね。そういう覚悟はしないとダメだし、覚悟するってことは自分のすべてを変えることだから。

夜上がって起業するなら、いきなりやらずに一回経験しないとダメだと思う。
「こういうのやりたい」っていう願望だけじゃ無理。
昼のこととか人を扱うこととか分かんないじゃん。
経験ないのにやろうとするから、失敗しやすいんだと思う。
一回会社に入ってみるとか、セミナーに行ってみるとか、やり方は色々。
何したいかにもよるしね。

あと、やるんなら自分のお金でやったほうがいいよ。
人のお金だと失敗したときに痛みが分かんないし、近くに誰かがいるとダメだったときにその人のせいにしたり、言い訳の材料にしちゃうと思う、どうしても。

自分のやりたいことに詳しくて、全部知ってるパートナーに教えてもらいながらやるのは勉強になるしいいと思うよ。
それで成長していけることもあるだろうし。
ただ、やるんだったら全責任を自分で負えるくらいの覚悟がないと、どっちみち厳しいよね。

今私も、前より冒険はできなくなったけど、まだまだこれから自分に何ができるのか、ワクワクしながら模索してる最中だよ。

25〜34歳 私たちの現在地【5】 〜小原優花〜
25〜34歳 私たちの現在地【6】 〜杉山佳那恵〜
25〜34歳 私たちの現在地【7】 〜根本弥生〜

TOP