カテゴリ: ファッション

ただのバッグや靴じゃない。私たちを励まし成長させてくれる武器──

世界中の女性が憧れるブランドの真骨頂、それがバーキンとクリスチャン・ルブタン♥
ただのファッションアイテムを超えた2大ブランドを手に入れるまで、手に入れてからの物語がここにある──。

クリスチャン・ ルブタン

憧れのレッドソールといえばクリスチャン・ルブタン☆ ブランドコンセプトは「女性の魅力を引き出す」というシンプルなもの。脚を美しく、セクシーに魅せることだけを考えて作られたフォルム&デザインは溜め息が出るほど芸術的!


まなか【夜の蝶の制服】

まなか【夜の蝶の制服】|「バーキン& ルブタン物語⑧≪まなか編≫」の1枚目の画像

ヒールの高さは女のプライド。昔は制服だったけど 今は伴走パートナー♥

身長155cm。職業=キャバ嬢。大阪の北新地では仕事のできるプロのちょうちょはルブタンが〝制服〟みたいな感覚だった。うちは背の低さがコンプレックスだったから、ヒールは高ければ高い方がいい! チンチクリンって思われたくない! そう思っていつもドレスの足元は13〜15㎝ヒールのルブタン♥ ルブタンを履くと姿勢がよくなって美意識も上がるし、コンプレックスも解消できる♪ そして何よりも箔がつく☆ 人とかぶらないデザインを履いてるとお客さんやお店の女の子にも褒めてもらえてうれしかった♪
18〜30歳まで夜のちょうちょをしていたわけだけど、最初はハイブランドに興味がなくて、人とかぶらないようなインポートの靴が好きだった♪ でも年齢を重ねてちょうちょ歴も上がっていくと、誰もが見てわかるようなハイブランドを身につけてこそ一丁前! プロのちょうちょはルブタンを普段使いしてこそ一人前!って思うようになった。いつの間にかレッドソールは私の足元の定番になってたよね♥
初めてルブタンを履いた時のことは今も覚えてる。いつも以上に脚がスラッとのびてスタイルがよく見える☆ 靴でこんな高揚感を味わったのは初めてやった。これで映画デートへ行こう♥とウキウキ気分で出かけたら、人生で最悪の靴擦れになって足の甲が血まみれ…。「ルブタン、凶器やな〜(笑)」ってデート相手に言われた苦い思い出もある…
そんなことがあってもルブタンを買い集めて、手元には8足残ってる。今はバーだから立ち仕事も多いし、走り回らなあかん。ウェッジソールや低めのヒール、ショートブーツとか、ちゃんと歩けるルブタンを履くようになった♪ けどヒールの高さは女のプライドやから、最低でも10cm死守(笑)。

バーキン& ルブタン物語①≪小原優花編≫
バーキン& ルブタン物語②≪早川沙世編≫
バーキン& ルブタン物語③≪伊吹奈々編≫

関連トピック

トピックから記事を探す

スタッフ一覧

この記事に関わったメンバー

モデル
まなか
編集・ライター
水野祐香
カメラマン
佐々木信行
ヘアメイク
野崎裕子

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

新着記事

最新の記事一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP