カテゴリ: ライフスタイル

黒ギャル、姫系、金髪、囲み目メイク・・・私たちが愛した流行りと当時の自分をお見せします★

自分好みを追及するおしゃれ心は永久不変♥

ただまっすぐに、ひたむきに。
好きなものに夢中になって、なりたい自分を追いかけた。
あの日の記憶は私だけの宝物…☆
心の中にそっとしまった愛おしく懐かしい青春の1ページを、今の私たちが解説いたします♥

あの頃の自分ミュージアム♥①【お姉さん世代の流行年表】

CHIHAの14年前は【センター街でエコ焼きしてたガングロギャル♥】

HMV前と竹下通りが天サロの定番でした♡

メンズeggの企画で伝説のマンバにも挑戦♡

CHIHAの14年前は【センター街でエコ焼きしてたガングロギャル♥】|「あの頃の自分ミュージアム♥⑤CHIHA編」の3枚目の画像

ガングロ時代 2003~2013年

現在の私

CHIHAの14年前は【センター街でエコ焼きしてたガングロギャル♥】|「あの頃の自分ミュージアム♥⑤CHIHA編」の6枚目の画像

まつげはリキッドで描き足してました♡

当時はとにかく「ハデ=かわいい♥」みたいな時代★ 私も波に乗って髪色をグレーにしたり、センター街や原宿の路上で肌を焼きまくってハデギャル目指してました!

ブサイクでも化粧がハデならかわいくなれるというのもギャルを志した理由。私、自信があったらギャルになってなかったと思う。

ハデだと調子に乗れるんですよ。すっぴんだと戦闘力ゼロだけど、化粧をすれば超強気(笑)。常に勢いがほしくて、コンビニに行く時もがっつり化粧してた☆

汚ギャルから始まって、年齢とともに徐々にお姉さん系へ。25歳で卒業した気でいたけど、今の自分から見たら十分ギャル(笑)。とかいって、日焼けしたい気持ちは今も変わらないんだけどね♪

この時代に命をかけてたこと♥

ムラシャンで髪色キープ

美容室代が高いから、少しでも色が持つように♥

肌をがっつり焼くこと!

黒さにマヒ。乳首より肌のほうが黒かった(笑)。

メイクの友は黒ファンデ

焼きすぎて国産品じゃ色が追いつかなかった。

このころのトレンド♥アルバローザ♥

『egg』で存在を知って、めちゃめちゃ憧れたんけど、10代の自分には値段が高くて手の届きにくい存在だった! ギャルデビュー間もない中学時代はまだバイトもできなかったから、友達に借りたアルバのシールをコンビニでコピー★ 裏側に両面テープを貼った自作のシールで満足してた(笑)。

りえ編
あい編
さち編

スタッフ一覧

この記事に関わったメンバー

モデル
CHIHA
編集・ライター
Hironeko-A
カメラマン
大村聡志
ヘアメイク
三石安里

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

新着記事

最新の記事一覧

新着記事一覧
TOP